スキンケア
view

耳の裏じゃない!? 加齢臭が発せられやすい部位とは

加齢臭が放たれる部位

加齢臭は中高年特有の体臭で、ろうそくのような脂臭い・青臭いニオイが特徴です。そのニオイは体全体から発せられますが、特に加齢臭が強く感じられる部位も存在します。加齢臭を的確に抑えるためには、その部位を知って対策に役立てることが大切です。具体的にどの部位から加齢臭が発せられやすいのか、対策方法とあわせてチェックしていきましょう。

加齢臭が発せられやすい部位とは

背中

加齢臭は、皮脂の一部が酸化することで発生する「2-ノネナール」という物質が原因です。つまり、皮脂が多く分泌される部位ほど、臭いやすいということになります。背中は体の中で皮脂の分泌量が特に多い部位ですから、おのずと加齢臭も放ちやすいのです。

胸周り

胸周りも、皮脂腺が多い部位のため、加齢臭が発生しやすいといえます。この部位の洗浄不足が、加齢臭の一因になってしまうこともあります。

「加齢臭は耳の裏から放たれる」はウソ!?

”加齢臭=耳の裏から放たれる”というイメージを持っている方は多いかもしれませんが、実はこれは勘違いです。医学的には実証されておらず、実際には背中や胸周りほどではないといわれています。

ただし、40代前後の男性に多いミドル脂臭は、耳裏から臭う傾向があります。ミドル脂臭は古い油のようなニオイで、頭部から首にかけて強く発せられます。もし耳の裏が臭うなら、ミドル脂臭の可能性が高いかもしれませんね。

加齢臭・体臭の対策方法

やさしく洗って清潔に

加齢臭などの体臭を防ぐためには、肌を洗って清潔に保つことが大切です。ただし、ゴシゴシと乱暴に洗っていると、かえってニオイが強くなることがあります。これは、肌が乾燥する影響で常在菌のバランスが乱れたり、皮脂の分泌が促されたりするためです。乱暴な洗浄は避けて、ボディソープや石けんの泡をクッションにしながら、優しく洗うようにしましょう。

入浴後は保湿を

入浴後は肌の水分が蒸発しやすい状態になっています。そのまま放っておくと、その水分を守るために皮脂が過剰に分泌されてしまうこともあるので注意が必要です。入浴後はボディローションなどでしっかりと保湿をして、適度なうるおいを保つようにしましょう。

デオドラントクリームを使用する

体臭を抑えるデオドラント剤にはさまざまな種類がありますが、男性の体臭対策にはクリームタイプのデオドラント剤がおすすめです。肌への密着度が高いため、気になるニオイをしっかり抑えることができますよ。
ちなみに香水を耳の裏につけるのは、体温が比較的高い部位につけることで、香りが漂いやすくなるためです。もし耳の裏からのニオイを抑えたいなら、この部位にもデオドラントクリームを塗ることをおすすめします。

耳の裏をケアする男性

加齢臭を始めとした体臭は、自分では気づきにくいといわれています。だからこそ、臭いやすい部位を事前に知ったうえで、対策を練るのは重要なこと。爽やかな男性像をキープするために、効率的な体臭対策を取り入れていきたいですね。

男の美肌演出!リキッドファンデーション:ビズファインカラー,メンズコスメのザス