スキンケア
view

紫外線に要注意! 男性も気にしておきたい「日焼け」の危険性とは?

紫外線に要注意! 男性も気にしておきたい「日焼け」の危険性とは?

「夏にはワイルドに肌を焼きたい」と海などで積極的に太陽光を浴びる男性もいると思います。
しかし、強い紫外線は肌や体に深刻なダメージを及ぼしていまいます。
「日焼けが皮膚がんの原因になる」という噂を聞いたことはありませんか?
日焼けによる紫外線ダメージは重大な疾患の原因になることもあるので気をつけましょう。
ここでは、日焼けの仕組みや紫外線ダメージによるリスクについて詳しく解説いたします。

そもそも日焼けはどのように起こる?

日焼けをしたときには皮膚が赤くなってヒリヒリと傷んだり、水ぶくれが起きたり、皮がめくれたりすることも多いですよね。
この状態が長期的に続くと、肌が荒れてシミやたるみなども起きやすくなるため、注意しましょう。
日焼けというのは、太陽光が発する紫外線に皮膚が焼かれることです。
日焼けは医学的には「日光皮膚炎」と呼ばれ、やけどの一種として扱われます。
日焼けによって肌が黒くなることを「サンタン」、肌細胞が傷つけられることを「サンバーン」と呼びます。
サンバーンは太陽によるやけどという意味をもつ言葉です。

紫外線が日焼けや肌ダメージを起こす仕組み

紫外線には、波長の長いA波(UVA)と波長の短いC波(UVC)、そして中間的な波長のB波(UVB)があります。
A波は晴れの日だけでなく曇りの日でも地上に降り注ぎますし、乱反射すると室内にまで届きます。
天気がいい日に降り注ぐB波はA波よりもさらにエネルギーが強く、皮膚に当たると細胞が損傷して肌が焼けてしまうのです。
B波に長年当たり続けると細胞が損傷して修復機能が狂い、肌荒れなどの体質変化や身体機能の低下といった深刻なダメージが起きることも分かっています。

日焼けが体に及ぼすリスクとは?

長年にわたって紫外線を浴びすぎると、細胞の損傷などの影響によって皮膚がんの発症リスクはアップしやすくなります。
また、悪性の腫瘍ができるケースもあるので十分な注意が必要です。
日焼けは免疫機能の低下を引き起こすこともあります。皮膚の表面にあるランゲルハンス細胞は紫外線ダメージによって機能不全を起こすことが分かっています。
すると、免疫力が低下して病気のリスクもアップしやすくなるのです。
また、膠原病の症状を持っている人が日焼けをすると、皮膚炎が起きやすくなるというリスクもあります。

紫外線は肌だけでなく瞳にも深刻な影響を及ぼします。瞳は他の臓器とは違い外部にさらされている粘膜なので、強い紫外線の一部は目の奥の網膜にまで到達してしまうのです。
瞳に蓄積された紫外線ダメージはドライアイや視力低下を引き起こすだけでなく、将来的に白内障や角膜炎、翼状片といった深刻な眼病につながることもあります。

日焼けが体に及ぼすリスクとは?

紫外線は人間の体に深刻なダメージを引き起こす危険性があるため、十分に注意しておく必要があります。
男性は女性に比べると日焼け対策に力を入れない方が多いものですが、日焼けによるリスクは女性でも男性でも同じです。
深刻なリスクから体を守るためにも、きちんと日焼け対策をしておきたいですね。

男の美肌演出!リキッドファンデーション:ビズファインカラー,メンズコスメのザス