メンズコスメ
view

何歳から臭い始める? 男性の加齢臭が強くなる年齢とは

加齢臭を気にする男性

加齢臭とは、ある程度年齢を重ねた人から発せられる体臭のこと。
加齢臭という名前はよく知られていますが、具体的に何歳から現れるのか、どういった理由で臭いが強くなるのか、詳しく知っている方は少ないでしょう。
そこで今回は、男性の加齢臭が強まる年齢を、発生するメカニズムなどとあわせてご紹介します。

男性の加齢臭が強くなる年齢とは

40歳過ぎに強くなり始める

そもそも加齢臭の原因は、皮脂に含まれる「9-ヘキサデセン酸」という脂肪酸の1種です。これが皮膚の上で酸化すると、「ノネナール」という加齢臭の主成分になります。
若いころは体の抗酸化力が強いため、9-ヘキサデセン酸の酸化が抑えられて、加齢臭も発生しません。しかし加齢にともなって抗酸化力が弱まると、途端に酸化が進み、加齢臭が強くなっていきます。
男性の場合、その境目となるのが40歳を過ぎたころ。つまり男性の加齢臭が強くなり始める年齢は、40歳過ぎなのです。

50~60代は加齢臭がピークに

男性の加齢臭がピークに達する年代は、50~60代だといわれています。この時期は皮脂の過剰分泌が続くうえに、抗酸化力も弱まるためです。
また、女性に比べて洗浄やスキンケアが不足しがちなこと、飲酒や喫煙が伴うことも、加齢臭が強くなる原因だと考えられています。

早い人では20~30代から臭うことも

以上のように、男性の加齢臭が発生する年代は40~60代です。しかし最近では、20~30代から加齢臭に似た臭いに悩まされる人が増えてきています。
その主な原因は、偏った食生活です。
脂肪が多く、野菜類が少ない食生活を続けていると、皮脂の分泌量が増えるうえに酸化が進み、若年性加齢臭が発生しやすくなるのです。

また、ストレスにも注意が必要です。
過度のストレスを受けるとアドレナリンが分泌されるとともに、皮脂量が増えるといわれています。
皮脂量が増えるほど加齢臭の原因である9-ヘキサデセン酸も増えますから、加齢臭に似た体臭になってしまうのです。

加齢臭はどんなニオイ?

加齢臭は古くなった油のようなニオイです。皮脂の分泌量が多いとされる頭皮、顔、首、背中などから臭うといわれています。
気になる場合は、使用後の枕やシャツの襟周りをチェックしてみると良いでしょう。

頭皮や体を清潔に保つ男性
 

加齢臭の根本原因は皮脂ですから、ニオイを最小限に抑えるためには、肌や衣類をこまめに洗って清潔に保つ必要があります。
また、デオドラント剤の使用も加齢臭対策に有効です。不快な加齢臭を発生させないために、日々のエチケットに気を配っていきましょう。

男の美肌演出!リキッドファンデーション:ビズファインカラー,メンズコスメのザス