スキンケア
31view

ニキビケアに必要なのは保湿? 肌の乾燥を防いでニキビを改善しよう

ニキビケアに必要なのは保湿? 肌の乾燥を防いでニキビを改善しよう

ニキビの原因が、皮脂の過剰分泌であることは有名です。ニキビを防ぐためにも、皮脂を徹底的に拭き取って肌のテカリを防いでいるという方は多いでしょう。
しかし実は、肌の乾燥が原因でニキビができることもあります。
皮脂ケアに夢中になって肌の乾燥を進行させると、かえってニキビの悪化や増加を招くため、乾燥対策として「保湿ケア」を行うことが大切です。
ニキビを防ぐためにも、乾燥でニキビができる原因と保湿ケアの重要性、また正しい保湿ケアの方法をチェックしましょう。

ニキビを引き起こすのは肌の乾燥?

皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まり、炎症が起きるとニキビができます。
そのため、「肌から皮脂を取り去ればニキビが改善する」「肌をベタベタと保湿するとニキビが悪化する」と思っている男性もいるかもしれません。
しかし、保湿ケア不足で肌が乾燥してしまうと、肌のバリア機能が低下するため自然と皮脂の分泌量が上がります。肌の乾燥によってかえって皮脂が増え、毛穴詰まりが起こりやすくなり、ニキビ発生へとつながってしまうのです。
また、肌のバリア機能の低下によって、外部刺激からのダメージを受けやすくなっていることもニキビ悪化や増加の原因になります。ニキビの改善や予防のためには、肌の保湿ケアを丁寧に行うことが重要なのです。

肌に負担がかかるアイテムでスキンケアをするのはNG!

ニキビを改善するためには、肌を優しく洗顔して清潔な状態に保つことが大切です。
洗顔をするときに皮脂を落とそうとしてゴシゴシとこすってしまうと、肌に負担がかかってニキビが悪化してしまうこともあるので注意しましょう。
洗浄力の強い洗顔料は肌の乾燥やダメージを加速させる要因になることがあるため、できるだけ優しい成分の洗顔料を使用することも重要です。肌をこすらないようにケアしていきましょう。

ニキビを防ぐためのスキンケア方法とは

ニキビ肌ケアのポイントは、すでにできているニキビを改善することはもちろん、これ以上新しいニキビを増やさないことにあります。
ニキビを防ぐためにも、やさしい洗顔のあとは丁寧な保湿ケアを行いましょう。
洗顔後は清潔なタオルで水分を吸い取るよう肌を拭き、すぐに化粧水をなじませます。叩いたりこすったりせず、水分を肌の奥に押し込むようにハンドプレスをするのがポイントです。たっぷりと肌を潤したら、乳液やクリームで水分を閉じ込めましょう。
ニキビがあるときに油分の多いクリームなどを使うことに抵抗があるかもしれませんが、水分を与えただけでケアを終わりにしてしまうと、水分が蒸発してかえって乾燥を招きます。どうしてもベタつきが気になるという場合には、薄く伸ばす程度でもOKなので、必ず乳液やクリームを塗りましょう。

ニキビケアに必要なのは保湿? 肌の乾燥を防いでニキビを改善しよう

保湿ケアを行うことに抵抗がある方もいるかもしれませんが、ニキビを改善・予防するためには水分や油分を与えて肌を労わることが大切です。
頬やフェイスラインにニキビがポツポツとできていると、第一印象や清潔感に大きな影響を与えます。さわやかでクリーンなイメージを与えるためにも、ニキビゼロの健やか肌を目指しましょう。

SINCE 1999 信頼と実績のメンズコスメ:ザスコスメティック