スキンケア
51view

男性にこそオススメしたいコットンを使った化粧水の付け方

男性にこそオススメしたいコットンを使った化粧水の付け方

男性でも化粧水を使うのが当たり前になってきていますが、付け方を気にしたことはあるでしょうか? 化粧水に含まれる良い成分をきちんと肌にしみこませるためには、コットンを使って化粧水をつけるのがおすすめです。
そこで今回は男性にこそおすすめしたい、コットンを使った化粧水の付け方を紹介します。

化粧水をコットンでつけるメリット

化粧水を手でつけると指の間から液がたれたり、顔全体に均一に行き渡らなかったりします。しかしコットンを使えば、ボトルから出した際にコットンが化粧水をすばやく吸収するので、こぼれることもなく化粧水が無駄になる心配もありません。また手でつけるより衛生的にも良いといえます。

コットンの選び方

まず、コットンは肌触りが良く刺激が起こりにくい上質なものを選ぶようにしましょう。
目が粗くゴワゴワしたものを肌に当てると摩擦が刺激になり、シミやシワなどの肌に悪影響を及ぼす原因になってしまうのです。
また、コットンの端を閉じていないものをオススメします。閉じていないタイプのコットンは上手にめくると二枚にすることができ、パックとして使うこともできるからです。

コットンの使い方

男性にこそオススメしたいコットンを使った化粧水の付け方

■なじませる

コットンに適量の化粧水をとり、顔全体をやさしくなでるように塗布します。鼻や頬、額などの中心から外側に向かってまんべんなく広げていくのがコツです。
肌に一番やさしいこの方法は、日焼けなどで肌が荒れているときや、ニキビなどで肌トラブルがあるときにおすすめです。

■パッティング

肌の上でコットンをぽんぽんと軽くたたく「パッティング」によって塗布する方法もあります。パッティングによって化粧水の成分が角質の奥に浸透されやすくなるだけでなく、毛細血管の血行が良くなり、肌のターンオーバーが促進され肌の調子もアップします。
その際必要以上にたたいてただの刺激になってしまわないよう注意しましょう。

■パック

めくれるタイプのコットンを選べば、全体に化粧水を含ませたコットンを塗布した後、コットンを二枚にし、頬の上や額などに置いてパックのように使うこともできおすすめです。
パックすることで成分が肌の奥まで浸透し、保湿効果がアップします。
その際、5分以上パックしないようにしましょう。パックしすぎると皮膚がふやけ、かえって肌によくありません。

■重ねづけ

一度塗布して時間を置き、ある程度乾燥したらもう一度全体に塗布する方法もあります。成分だけでなく保湿効果が増すこの方法は、寒さが厳しくなる冬やエアコンによって乾燥がひどくなった肌におすすめです。

今回紹介した方法の中から、肌のコンディションや好みに合わせて試してみてください。普段から使い慣れている化粧水でも、塗布の仕方を変えるだけで、使用感や保湿効果がアップするのを実感できるはずです。コットンを使って健やかで清々しい肌をキープできるよう目指しましょう。

男の美肌演出!リキッドファンデーション:ビズファインカラー,メンズコスメのザス