トレンド
38view

麦肌はもう古い!? 覚えておきたい紫外線の影響と男の日焼け対策

麦肌はもう古い!? 覚えておきたい紫外線の影響と男の日焼け対策

夏場が近づいて来ると、テレビのCMや街中の広告でも日焼け止め商品を目にする機会が増えますよね。
紫外線が肌にあまり良くないということは有名な話ですが、男性の中には「自分には関係ない」と考えている人も多いのでは?
しかし、紫外線が肌に与える影響はとても大きいもので、肌荒れやシミ、更に老け顔の原因にもなってしまう厄介な存在なのです。
今回は、男性に覚えておいてほしい紫外線の影響と日焼け対策方法について紹介します。

男にとっても脅威な紫外線の影響

紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2種類があり、それぞれ肌に及ぼす影響が異なります。
まずUV-Aは肌の奥深くまで届いてしまう紫外線で、肌の中に蓄積してじわじわとダメージを与えシミやたるみなど「肌環境」を大きく悪化させてしまうのが特徴です。
そしてUV-Bは肌の表面へダメージを与える紫外線で、主に肌表面の日焼けの原因となります。

日焼け=肌が焼けて黒くなるというイメージが強い方も多く、これはUV-Bが主な原因です。しかし、紫外線対策はUV-Bによる肌表面の日焼けだけでなくUV-Aによる肌内部への紫外線の侵入を防ぐ必要があります。UV-Aは肌の中へ長い間潜伏し、肌の生成機能やヒアルロン酸などの重要成分を破壊したり、バランスを崩してシワやシミを作るのです。
とくに外回りの多い営業マンや野外勤務の職業の方は、これらの紫外線ダメージを受けないようしっかりとケアをしないと、肌がどんどんと老化してしまいます。将来、同年代の男性より老け込んだ見た目にならないためにも、日々のケアを取り入れていきましょう。

男性がすべき紫外線対策って?

紫外線対策というと女性がするスキンケアというイメージもありますが、健康な体を維持するためにも男性の紫外線対策も欠かすことができません。
まずは、以下で紹介する紫外線対策を実践してみましょう。

日焼け止めは丁寧こまめに

日焼け対策の王道とも言われる日焼け止め。現在ジェルやクリーム、スプレーやローションなどさまざまなタイプの日焼け止めがあります。
顔には保湿なども同時に行ってくれるクリームやローション、体にはベタつかずサラサラ肌の続くスプレーなどを選び、朝、昼、夕でこまめに塗り直しをしましょう。
商品に記載されている「SPF」と「PA+」の表記ですが、SPFはUV-A、PA+はUV-Bにどのくらい効果があるのかを記載しているものです。数字が大きく+の数が多いほど紫外線をブロックしてくれますが、その分肌への負担も強いため、内勤の方や日差しを浴びる機会が少ない人などはSPF~30、PAは++程度の商品を選びましょう。

薄手でも長袖が正解

紫外線と肌の間にクッションを作るためにも、夏場でも長ズボンや長袖の着用をおすすめします。最近では薄くて軽い素材のズボンや長袖も多く販売されているので、私服の時はTシャツの上に羽織るようのシャツを持ち歩いたり、スーツのときは風通しのいいジャケットを持ち歩いたりと、長袖のアイテムを持ち歩きましょう。

肌の保湿は忘れない

乾燥状態の肌はバリア機能が十分ではなく、紫外線のダメージをもろに受けてしまいます。極力日焼けを防ぐためにも、朝晩の洗顔のあとは化粧水や乳液を付けるなど、肌ケアも徹底しましょう。

アフターケアは丁寧に

どれだけ対策をしていても、日光に当たる時間が長い場合などは日焼けをしてしまうことがあります。痛みやかゆみなどがある場合は水や氷を使って丁寧に冷やし、水分補給もこまめにして脱水症状を防ぎましょう。

麦肌はもう古い!? 覚えておきたい紫外線の影響と男の日焼け対策

 
いつまでも健康で若々しい見た目をキープするためにも、紫外線対策はしっかりと行ってくださいね。

SINCE 1999 信頼と実績のメンズコスメ:ザスコスメティック