スキンケア
465view

髭剃り後に「肌荒れ」を招いてしまう3つの原因とその改善方法

シェービンググッズのセット

毎日の髭剃り、つい自己流でやってしまう男性も多いでしょう。
しかし、「これだけはやってはいけない!」というNG方法も存在します。
荒れがちな肌に悩んでいる男性は、自分の髭剃り方法を改めてチェックしてみましょう。

【原因1】肌が乾燥した状態で剃ってしまう

髭剃り前に塗るシェービングクリーム

肌に何もつけず、乾いた状態で髭を剃るのは大変危険な行為です。急いでいる時に、ついやってしまいがちな方法ですが、乾いた素肌は外部からの刺激に弱くなっています。肌が傷ついてしまい、赤みや荒れに繋がってしまいます。
髭を剃る時にはシェービングジェルなどを利用し、肌に潤いをたっぷり与えてから始めましょう。少し時間を置いてから剃ると、髭が柔らかくなって剃りやすくなります。

肌が弱い男性には、ジェルの代わりに女性用の乳液もおすすめです。保湿効果が高いので、肌が弱っている時にありがちなヒリヒリ感を抑えられます。適度な油分が入っているため、シェーバーの滑りも良くなりますよ。
使用後は軽く拭き取り、そのまま肌に馴染ませましょう。

【原因2】逆剃りを頻繁にしてしまう

毛の流れに合わせた髭剃り

逆剃りはカミソリが直接肌に当たり、深く傷つけてしまう原因となります。肌へ負担を与えないためにも、まずは毛の流れに合わせて剃っていきましょう。全体が剃り終わった後、剃り残しがあった部分のみ逆剃りをしていきましょう。

肌のためにはできるだけ逆剃りをせず、そのまま剃り終えられれば最良です。
そのためには切れ味の良い刃を選ぶことが大切です。古くなった刃や質の悪い刃を使用しないように心がけましょう。

【原因3】入浴時に髭を剃ってしまう

電動シェーバーと入浴グッズ

入浴時の髭剃りは、それほど肌に悪くなさそうに思えますよね。しかし肌を刺激し、肌荒れに繋がってしまいます。

その原因は、必要以上に角質が剥がれてしまうことにあります。
角質とは、肌の一番上にある層のことで適度な厚さで保たれています。入浴時には、この角質が湿度や汗で非常に柔らかくなっています。この時に髭剃りをしてしまうと、角質が必要以上に剥がれ、肌トラブルに繋がってしまうのです。

直後は肌がつるつるになったように思えても、後々乾燥してしまい肌が荒れる原因になってしまいます。肌が弱い男性ほど、この方法はおすすめできません。
また、剃った直後に湯船に浸かると、傷ついた箇所から雑菌が侵入しやすくなります。そうなると、思わぬ炎症や皮膚炎に繋がる危険性も。そのようなリスクを避けるためにも、入浴時の髭剃りは避けましょう。

知らず知らずのうちに繰り返していた方法はなかったでしょうか。
間違った行為をすぐに止め、髭剃り後にしっかり保湿をすることが重要です。
正しい髭剃り方法で、健やかな素肌を守ってくださいね!

ひげ、ムダ毛対策。 発毛抑制&スキンケア:ハイパーエックス9.0EGF, メンズコスメのザス

最先端生体理論で男のシェービングが変わる!【PR】