健康
185view

肌荒れを改善するための4種の栄養素と食品

肌荒れを改善するための食事

頑固な肌荒れに悩んでいるなら、まずは食生活を見直してみましょう。
肌の健康は外側からのケアだけではなく内側からのケアも重要です。
いくら高価な化粧品を使っても、バランスの悪い食事を続けていては意味がないのです。
肌荒れに効果的な食品を多数ご紹介しますので、食事の時の参考にしてみてくださいね。

1. たんぱく質

健やかな肌は、健康な体から作られます。
そのためには「たんぱく質」が欠かせません。
たんぱく質は身体機能を維持し、皮膚の生まれ変わりを助けてくれる役割があるのです。
女性が言いがちなことですが「ダイエットをしたらお肌がボロボロ」とぼやくのは、無理な食事制限でたんぱく質不足になっている可能性が高いため。
筋肉の保持にも欠かせない栄養素ですから、積極的に摂りましょう。

たんぱく質は肉からだけではなく、大豆や卵、魚から摂取できます。
特に大豆は肌荒れに対しておすすめの食材です。
乾燥から肌を守るとされる角質層のセラミドを増やし美肌へと導いてくれるのです。
なかなか大豆を食べる機会がない人も、納豆や豆乳なら摂りやすいはず。
肉類の脂肪分が気になるなら、鶏のささみや赤身肉を選ぶと良いでしょう。

2. 健康な油分

油は肌の敵!だなんて思っていませんか?
特に脂浮きの激しい人やニキビができやすい人が、そう思いがちです。
しかし質の良い油を摂れば、肌の潤いを保ち、むしろそれらを改善する効果があるのです。

ここで言う良質な油とは、オメガ3脂肪酸を含む油分のこと。
いわしやサバなどの青魚、くるみ、アボカド、えごま油やアマニ油が代表的です。
えごま油やアマニ油は酸化しやすいため、生で摂るのがベスト。
ドレッシングに使うと食べやすくておすすめです。
開封後は冷蔵庫で保管し、早めに消費しましょう。

3. ビタミン

ビタミンが含まれる野菜と肉

美肌のためにはビタミンが欠かせません。
ビタミンと聞くと野菜をイメージする人が多いかもしれませんが、さまざまな食品から摂取できます。

ビタミンA

皮膚や粘膜の機能を正常に保つ働きがあります。
レバー、にんじんなどの緑黄色野菜、卵、海苔などに多く含まれます。
粘膜の乾燥をふせぐため、風邪をひきやすい人にもおすすめです。

ビタミンB2

皮膚の新陳代謝を促す効果があり、肌の正常なターンオーバーのために欠かせないビタミンです。
レバー、卵、大豆、豚肉、うなぎなどに多く含まれます。
肌荒れ解消のビタミン剤などには、このビタミンB2が多く含まれています。
このことからも、摂取が必須だと分かりますね。

ビタミンE

抗酸化作用を持ち、老化を防ぐ働きがあります。
アーモンド、かぼちゃ、鮭、明太子などに多く含まれます。
特に鮭はビタミンAやB群も含まれているので、とてもおすすめの食材だと言えますよ。

外食が続くと、以上に挙げた栄養素が不足しがちです。
肌荒れが続く時はできるだけファストフードやインスタント食品を避け、上記の食材でバランスの良い食事をしてくださいね。
日に日に肌荒れが改善されていくのを実感できるはずですよ。

SINCE 1999 信頼と実績のメンズコスメ:ザスコスメティック