トレンド
296view

美容活動をするサラリーマン「サバ美―マン」の実態とは

美容活動をするサラリーマン「サバ美―マン」の実態とは

最近では、男性の美意識も高まってきています。男性でもいつも綺麗でさわやかな姿でいたいものですよね。
2015年の美容トレンドの中には「サバ美―マン」という造語まで発表されています。そんな身近になってきた男性美容についてご紹介します。

サバ美―マンとは

サバ美―マンとは「サバイバル」「美容」「サラリーマン」をかけた造語でリクルートが2015年の美容トレンドとして発表したものです。

男女の雇用が均等になったことで、職場における女性の比率が増加しています。
同期や部下に女性が多くなったことで、従来よりも普段の生活の中で女性の目を気にする機会が増えたということでしょう。

サバ美―マンは、決して若い女性に好かれるために美容に取り組むわけではありません。女性たちに嫌がられないようにするため美容に取り組んでいるのです。
女性の多い職場でも嫌がられないように美容を保ち生き抜く、サバイバルして美意識の高い女性群から自分の居場所を勝ち取るという意味でサバ美―マンと名付けられたと考えられます。

サバ美―マンの特徴

美容リサーチや美容研究を行っている「ビューティ総研」の副センター長である齋藤陽子さんによると、35~45歳の男性がサバ美―マン世代に当てはまるとのことでした。
この年代の男性は、若いころに男性ファッション誌・男性コスメブランドが流行したことから、美容ケアにあまり抵抗がないようです。
また、これぐらいの年齢になると、加齢老化が他人事ではなくなっていて、改善が必要だという自覚があるため、美容ケアに積極的なのだとか。

サバ美―マンの下の世代、35歳までの男性は「綺麗男(きれお)」と呼ばれ、サバ美―マン以上の高い美意識を持ち合わせています。
彼らは思春期にカリスマ美容師ビジュアルバンドが流行し、男性の美に対して特に注目されていた時代を経験していました。サバ美―マン以上に男性の美容に関心を向けていた世代と言えるので、彼らの美意識は特に高いのです。

男性の具体的な美容ケアとは

では、サバ美―マンは具体的にどんなことをしているのでしょうか。
最も多いのが男性用洗顔料での手入れ、ついで化粧水等のスキンケアとなっています。
スキンケア商品に関しては、男性用というカテゴリーではなく、女性用も含めて肌質や悩みにあった化粧品を選ぶ傾向にあるようです。
綺麗男世代に該当する20代の若い男性に至っては、美容液パックを愛用している方も多く、女性顔負けの美意識の高さを持つ方も少なくありません。

男性と女性の性差は少しずつ近づいていて、男性でもスキンケアが当たり前の時代だと言えるでしょう。
日頃のスキンケアは5年後、10年後の自分に影響を与えます。周囲に差をつけられないためにも、早いうちから美意識を高めていきましょう。

男の美肌演出!リキッドファンデーション:ビズファインカラー,メンズコスメのザス