スキンケア
141view

冬にテカリが起こる2つの原因と2つの対策

テカリの目立つスーツの男性

夏は汗をかきやすく皮脂の分泌が多いため、顔がテカっていても、ある程度ならば自然だと言えるでしょう。
しかし、夏だけではなく冬もテカリが気になる男性は少なくありません。
汗・皮脂の分泌量が少ないはずの冬で、なぜテカリが生まれてしまうのでしょうか。
今回は冬に発生する「テカリ」の原因と対策をお教えします。

冬にテカリが起こる2つの原因

【原因1】肌の乾燥

テカリと乾燥は全く逆の概念のように感じがちですが、乾燥によってテカリが生み出されることを覚えておきましょう。
乾燥は水分が不足することで起こります。肌が乾燥を感じると、水分の放出を防ぐために通常よりも多く皮脂が出てきてしまうのでテカリが生まれるのです。

冬にテカリが起きた場合の2つの対策

【原因2】インナードライ

肌の表面が潤っていても、内部では乾燥が進んでいる「インナードライ」の場合には要注意。とは言っても、自分がインナードライなのかどうか判断しにくいところ。
一番分かりやすい目安は「洗顔後、肌がつっぱる感じ」「洗顔後、すぐに化粧水などを付けないとカサカサになる」などの症状があれば、それは正しくインナードライです。

【対策1】洗顔のしすぎは逆効果!

テカリ対策だからと言って、顔の洗いすぎは逆効果。朝晩2回の洗顔でも十分な効果が得られるでしょう。
最近では朝の洗顔は洗顔料を使わずにぬるま湯だけで洗顔するという風潮になってきているほどです。朝は洗顔料を使用せず、ぬるま湯で洗顔することがオススメです。
洗顔後は化粧水で潤いを与え、乳液やクリームなどのオイル分で蓋をすることで乾燥を防ぐことが出来ます。

【対策2】生活習慣の改善を!

加湿器を使ったり、スキンケアをしっかりしていても、外側からの保湿・保水だけでは大きな改善は難しいかもしれません。

生活習慣の見直しから改善することが理想的で肌全般の健康に有効です。
日中はしっかり水分を摂取するとともに、睡眠の改善は肌の改善に大きな効果をもたらしてくれるでしょう。
22~2時の間は肌のゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が活発になるため、この時間に睡眠状態にあることが望ましいです。肌の新陳代謝が促進されるので、美しい肌作りには欠かせません。
テカリは一朝一夕で改善できません。

毎日の積み重ねが大事!

毎日の積み重ねが強く、美しい肌を作り上げます。テカリがなく、かっこいい肌を目指して対策していきましょう。

テカり、ベタつき対策。皮脂吸収クリーム:オイルブロッカーEX メンズコスメのザス