スキンケア
381view

顔そりのメリットとデメリットとは?

産毛のない男性の顔アップ

ヒゲを剃るのが日常となっている男性ですが、顔のムダ毛はヒゲだけではありません。
顔にある産毛もムダ毛として扱われることがあります。
産毛は本来、寒さやホコリから肌を保護するためにあるのですが、スキンケアの充実や洋服・住居環境が変わったことによって重要な役割を持たなくなりました。
産毛を剃ることで見た目の印象を変えることができるので、気になる方は顔剃りをしてみると良いでしょう。

「顔そり」のメリット・デメリット

【メリット】美白のアピールに必要不可欠!

顔の産毛は正直なところ、あってもなくてもどちらでもかまわないもの。
ただし、産毛が濃いと肌がくすんで見える、黒っぽく見えてしまう場合もあります。
顔剃りをすることで、産毛がなくなり、キレイな美白をアピールできるでしょう。

また、ニキビ予防にも顔剃りは効果的。
皮脂・汚れは産毛に絡まりやすく、そのまま毛穴を詰まらせてしまうので、ニキビの原因となることもしばしば。
顔剃りをすることで詰まりを起こしにくくすることができるので、ニキビで悩む方にも有効な手法だと言えるでしょう。

【デメリット】肌に負担がかかってしまうことも

メリットがあればデメリットがあるのは自然なこと。顔剃りにもデメリットがあります。
それは肌へのダメージ。
肌に刃を当てるということは少なからず肌に負担をかけているもの。
自分では気づきにくいものですが、肌は剃刀によって傷つけられています。
特に錆びた剃刀の使用や、間違った方法での顔剃りは角質層を傷つけやすいので注意しましょう。
肌をいたわるといった意味でも、慎重で丁寧な顔剃りを心掛けることが大切です。

オススメの「顔そり」の方法をご紹介!

まず、何もつけない状態での顔剃りは角質を傷つけるのでNG。
顔全体にクリームを塗布し、滑りを良くしてから顔剃りをスタートさせましょう。
産毛がどのように生えているか確認した後に、剃る方向と反対の方向に皮膚を引っ張って、毛の流れに沿って剃って下さい。
顔剃りが終わった後はクリームを優しく拭き取り、化粧水を肌に染み込ませること。
産毛が取り除かれた肌は、刺激に対する抵抗が弱まっています。いつもより保湿を重点的に行うことをオススメします。

もちろん、肌にニキビ・炎症が見られる場合は顔剃りを避け、肌の回復を最優先に行って下さい。

ひげ、ムダ毛対策。 発毛抑制&スキンケア:ハイパーエックス9.0EGF, メンズコスメのザス