スキンケア
190view

【男性】目の下の「クマ」ができる原因と対策

「クマ」ができているコーヒーカップを持つ男性

目の下にクマが出来ていると、すごく疲れて見えたり、老けた印象を与えてしまいます。
そのため、クマを気にする男性が多くいるのですが、クマには種類があることを知っていましたか?
種類ごとに原因と改善方法が異なるので、クマ対策を考えている方はしっかりと確認しておきましょう。

3種類の「クマ」について

青クマ

青・紫っぽく見えるクマを「青クマ」と呼びます。
原因は目の血行不良。
目の下の皮膚は他と比べても薄く、血液の色が透けて見えるのですが、目元の血流が悪いと血液中の酸素が欠乏し、目元の血液が黒っぽい色になってしまいます。
血行不良の原因は寝不足・ストレス・疲れ・パソコン作業など。
対策としてこれらの原因を絶つことが挙げられるのですが、そう簡単に出来ない方が多いでしょう。
ホットタオルで目元を温めて、血行を良くすることで青クマ解消につながりますが、効果は一時的なものでしかないので応急処置と考えておいてください。

茶グマ

茶色く見えるクマは、通称「茶グマ」
皮膚ダメージによって沈着したメラニン色素が原因です。
紫外線目のこすりすぎなどによって肌ダメージが蓄積、ターンオーバーが乱れてシミ・くすみが目元にできます。これが茶グマになるのです。

茶グマ対策はシミ・くすみをなくす対策と同様のもの。肌のターンオーバーを正常に戻す努力をしましょう。
美肌成分の補給保湿を心掛けて、肌を健康にすることが一番の茶グマ対策。
他の肌と比べて目元はターンオーバーが遅いので、保湿の継続を怠らないようにして下さい。

黒クマ

「黒クマ」は加齢が主な原因。
年齢によって下まぶたがたるんでしまい、肌に段差が生じます。この部分に影ができて、これがクマに見えるのです。
年齢とともに肌内部のヒアルロン酸・コラーゲンが減りますし、皮膚も薄くなるので、抗うのが難しく、なかなか厄介なクマだと言えます。
出来ることは茶グマと同じで美肌成分の補給です。たるみ解消は即効性が無いので、根気よく続けて効果を待ちましょう。

すぐに「クマ」を隠したい場合には?

クマ改善は総じて時間がかかるもので、即効的な対策はないと言って良いでしょう。
すぐに効果が必要だという場合はファンデーションあるいはコンシーラーで隠すのがオススメ。

和漢植物エキス配合の化粧水:アクセスシー。皮脂,にきび,毛穴の引締め,メンズコスメのザス