スキンケア
302view

いちご鼻ができる原因と3つのケア方法

いちご鼻(イメージ図)

最近男性の中でもイチゴ鼻でお悩みの方が増えてきています。
イチゴ鼻なんて可愛らしく呼ばれていますが、「鼻周りの黒ずみ」を指します。
何も対処を行わなければどんどん悪化していくので、正しい知識を身に付けてイチゴ鼻を改善させていきましょう。

いちご鼻の原因は「角栓」から

イチゴのようにブツブツと黒ずんだ毛穴ですが、どのような流れで生まれてしまうのでしょうか。

根本原因は皮脂・古い角質・汚れが詰まった、いわゆる「角栓」です。
毛穴の汚れを指先で押すと角栓が出てくる、この状態はイチゴ鼻の初期症状。
このまま放置すると、毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなります。見た目からしてみてもイチゴ鼻の完成系のようですが、まだ中盤。
最終的に皮脂ではなく、毛穴周辺にメラニン色素が沈着してしまい、毛穴対策では解消できなくなります。

メラニン色素の沈着ということはイチゴ鼻に加えて「シミ」ができたと言えるでしょう。
シミになってしまうと改善が難しくなるので、出来る限り早めに対策を施していきたいところです。

いちご鼻を改善するための3つのケア方法

洗顔の見直し

イチゴ鼻の改善には何よりも洗顔の見直しが大切です。
脂性肌だと皮脂が多く分泌されるのでしっかりと洗いすぎてしまう方が多いのですが、洗いすぎは肌の乾燥を招きます。
乾燥した状態を補おうとさらに多量の脂が分泌されてしまい、逆効果です。洗顔はすれば良いというものではないのです。

蒸しタオルを活用しましょう。洗顔前に毛穴を温めて開かせることで、効率よく汚れをかきだすことが可能になります。
洗いすぎも悪影響なので、朝の洗顔はぬるま湯のみにして、洗顔料を夜だけ使うようにするのも1つの方法でしょう。
洗顔料でスクラブなどは強力過ぎてNGですから注意しましょう。

乾燥対策

洗顔後に放置をすると肌はどんどん乾燥していきます。これは皮脂の分泌を間接的に促しているようなものです。
イチゴ鼻を改善しようと考えるのならば化粧水にもこだわりたいところ。

化粧水にはビタミンC誘導体成分を含んだものを選ぶと良いでしょう。ビタミンCには毛穴を引き締める効果があると言われています。
この化粧水を冷蔵庫で事前に冷やしておくと肌の冷却効果が高まり、肌を効率良く引き締めることが出来ます。

むやみに鼻を触らない

角栓を抜く作業って楽しいですし、毛穴からスッキリと汚れが抜け出てくるので、それだけで改善するような気持ちにもなっちゃいますよね。
でも、角栓を抜いてばかりいると毛穴が広がってしまい、鼻にクレーターができあがってしまいます。

基本的にイチゴ鼻は何かと手を加える必要はありません。イチゴ鼻の改善はターンオーバーを阻害しないための下地作りだと言えます。
洗顔も清潔感を保つ程度に留め、化粧水も普通に使う程度にしておきましょう。
鼻を触って詰まりを解消させてもその場しのぎで根本的な解決にはなりません。触らないでターンオーバーによる改善を待ちましょう。

和漢植物エキス配合の化粧水:アクセスシー。皮脂,にきび,毛穴の引締め,メンズコスメのザス