スキンケア
92view

イメージダウンとなりがちなニキビ肌【気づき】で改善を!

イメージダウンとなりがちなニキビ肌【気づき】で改善を!

男性といえども、ニキビに悩んでいる方は少なくないはずです。ニキビがあることで、女性からの第一印象が「もしかして、この男性は不摂生な生活を送っているのかな…?」なんてマイナスに転じる可能性も…!
そんなニキビ肌、なんとか改善したいですよね。そこで、あなたの気づいていない普段の行動からニキビを作り出していないか、チェックしてみましょう!

ニキビとシェーバーの関係性とは?

毎朝、シェービングが欠かせないという方も多いのではないのでしょうか?
「シェービングとニキビなんて、関係ないのでは?」
そんな事を感じてしまいそうですが、実はこのシェービング時に使用しているシェーバーが問題かもしれません! みなさんは下の質問にすぐに答えられますか? 
「いつ、シェーバーを洗いましたか?」
電気シェーバーの方でも自動洗浄機能がついていないシェーバーを使用の方、水洗い出来ないシェーバーを使用の方も要注意です。
なぜならシェーバーにはシェービング剤のカスや水垢や皮脂がこびりつき、雑菌の温床となっているのです。シェーバーの汚れが刃につくことで、雑菌が傷ついた肌に入り、ニキビや吹き出物の原因となる可能性があるのです。
一度、ご自身のシェーバーにクリーナーを使用して清潔に保ってみましょう!

洗顔と保湿は、ニキビ対策において必須!

ニキビ肌の改善で取り上げたいのは、洗顔です。ニキビ肌の人によく見られがちな特徴としては、皮脂で顔がテカってしまう、毛穴が目立ってしまうというもの。
 
「洗顔するときは、朝は忙しいからと水だけで洗ってはいませんか?」
「手を洗う石鹸や、体を洗う石鹸でついでのように顔を洗っていませんか?」
 
顔の皮膚は体の皮膚よりも繊細なため、体を洗う石鹸では強すぎるのです。体を洗う石鹸で顔を洗うと、顔の皮脂を落としすぎてしまいます。
必要な皮脂まで落としてしまうことで、肌が頑張ってさらに皮脂を出そうとしてさらにテカってしまうという悪循環に陥ってしまいます。しっかりと顔専用の洗顔料をしっかりと泡立てて、力を入れないように洗いましょう。力を入れて洗ってしまうと、泡がクッションの役割を果たせなくなってしまいます。タオルで拭きとる場合も、水分をタオルに渡すような感覚で押さえるように拭き取りましょう。
洗顔をした後は、化粧水ローションをしっかりと塗りましょう。洗顔後すぐに化粧水をつけることが鉄則です。詳しい洗顔の仕方、化粧水の仕方は以前のコラムでも書いているので、そちらも参考にして下さいね。

背中のニキビ、忘れていませんか?

ニキビというと顔を想像するかもしれませんが、これからの季節に多くなりがちなのが、背中のニキビです。「見えないから」と、放置してはいませんか?
しかし夏になると、海やプールで背中を見せる機会も増えてくるかと思います。そこでイメージダウンとならないためにも、背中のニキビケアは大切になります。
背中は顔と同じくらい皮脂腺が多く、汗をかきやすい場所となっています。昼間、汗をかいたまま放置しているとニキビが出来やすくなってしまいます。
背中のニキビ対策は、いたってシンプルです。「きちんと背中を洗うこと」につきます。しかし、ナイロンタオルなどでゴシゴシ洗ってはいけません。ボディブラシなどで、優しくきちんと洗いましょう。「手が届かないから」「湯船につかるし」と、洗うのを諦めてはいけません。また、髪を洗った際の泡が背中についたままも、よくありません。ニキビの原因とならないように、浴室から出る際には体のチェックを忘れずに。そして顔と同じように背中を保湿するように心がけましょう!
毎日の行動を見直して、ニキビ肌の改善を図っていきましょう!

にきび,肌荒れ,乾燥肌,カミソリ負け,医薬部外品,薬用クリーム,マックプラス,メンズコスメのザス